Viola odorata.
a0258181_2234853.jpg

春はすぐそこなのに、また冬に逆戻りのイギリスになってしまいました。
ヨーロッパ各地では雪まで積もっていたそうですね。
さて、気分だけでもと思い、先日、ブログのバナーを替えてみました。
a0258181_2241929.jpg

ホームセンターではViolaがたくさん出回っていて手軽に植える事ができますが、English Violetが前から欲しいと思っていてやっと入手しました。
調べていたら、なんと義理両親の住む村の近くにvioletのエキスパートナーサリーがありました。
本当はNativeのsweet violetのものが欲しかったのですが、メールでやり取りして、ほぼそれと同じという品種をいただくことになりました。
今年は冬の寒さの影響でvioletの育ちがとても悪かったそうです。
あと、一言でViola odorataといっても本当に種類が多く、色、花びら、葉の形、大きさ、も全然違い、思わず全部欲しくなりました。笑
でも無理なので、何種類かに厳選しました。
義母に確認の為に電話してここの事を聞いてみたら、「そうよ〜、有名よ。」と。
早く教えて欲しかった。笑
a0258181_2245423.jpg

Viola Odorataはedible flowers(食べられるお花)なのでお菓子の上などに乗せたり、また花びらも食べられます。(農薬も心配なので、一応ナーサリーで確認済み。)
花びらも早速食べてみましたが、ほんのりとvioletの香りがして美味しかったです。
先日ParisでViolet Teaも買ってきたので、もっと咲いたらお茶に浮かべたりして楽しみたいと思います。
実は、3年ほど前に結婚式を挙げた時に、wedding favorにvioletのスイーツを知り合い経由でわざわざバルセロナから取り寄せてテーブルに用意しました。本当は自分のブーケもvioletにしたかったのですが、季節的に遅くて入手が無理だったので違う花になりました。
と、私にはいろいろこの花に対する特別な思いがあります。
[PR]
by willowandmeadow | 2013-03-14 22:39 | Flowers
<< Flower Workshop... Flower Workshop... >>



季節のお花の記録
by willowandmeadow
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31