Flower Workshop+おやつの時間 : June
a0258181_58878.jpg

June Workshopも無事に終わりました。
今回は今が旬の芍薬のブーケ。
アールヌーボー時代のデザインを参考にして、その中でも芍薬にSarah Bernhardt(1900年代初頭のフランス人女優)という名前の品種を中心に使いました。
a0258181_59769.jpg

コンディショニング(水揚げ)を一生懸命にしていたその時、長い枝物が入っているバケツが枝の重みでいきなり倒れて来てかなり焦りました。
辺りは水びだし。汗
偶然通りかかったMappetさんが上手く敷いていたシートを持ち上げて水が流れ出ないようにキャッチしてくれたので命拾いしました。^^;
もしあれが辺り一面に流れていたら、準備どころではなく、あわや床掃除で時間切れだったでしょう。
重めの花は軽いバケツに入れては駄目だという教訓になりました。
花屋時代も実はよくこういう事が起こっていて、一番やっていたのはオーナーでした。爆
この日は偶然にもMappetさんの庭のバラの鉢も風で倒れて鉢が割れ、忙しい最中に掃除に借り出されていたらしく、そういう星の運命だったのでしょうかねえ。笑
a0258181_593450.jpg

デモの後は早速みなさんに制作していただきました。
a0258181_5101148.jpg

半分以上の方がリピーターさんだったので、もうみなさん慣れたものです。
安心して指導させていただきました。
a0258181_5103722.jpg

みるみるうちに出来上がっていきます。
今回一番苦戦されていたのは、枝物の切る位置と最後の仕上げのアイビーの配置でした。
アイビーを自然に絡ませるのはみなさんのセンスが問われるところでしたので、みなさん真剣に試行錯誤で頑張っておられました。
a0258181_5111453.jpg

珍しくお天気も良かったのでお庭に出て写真撮影。
いつも言ってますが、作品がたくさん並ぶと本当に圧倒ですね!
a0258181_5113454.jpg

実はこんなショットも撮ってみましたが、しっくり来ずに没に、、、しようとしましたが、折角みなさんに苦労して並んでもらったので採用。笑
花が綺麗に見えるように段々でスタンバイしてもらったのですが、誰かがぼそっと、「まるで宝塚みたい。。。」
と、言ったので大爆笑。
いきなり変な事させて申し訳ありませんでした。^^;
a0258181_5162911.jpg

そんなこんなをしている間に戻って来たら、テーブルセッティングが整っていました。
準備を手伝ってくれたマリナちゃん、ありがとう♪
今回のテーブルフラワーは折角なのでみなさんに近くで見て頂きたいと思って、贅沢にお庭のバラを拝借しました。
a0258181_517532.jpg

軽食のサラダはオレンジのドレッシングと共に。
お庭より収穫されたヴィオラの花がいいアクセントになっていて美しい!
a0258181_5174624.jpg

お食事の写真がなぜかぜんぜんなく、(携帯で撮っていたみたい。。。)デザートのみ。
ローズとライチのデザートがとても美しいです。
飾りの花びらもお庭の物です!
a0258181_5181244.jpg

バラが見頃で本当に綺麗でした。
Mappetさんの冬の努力を知っているだけに、本当、一日でも長く咲いてあげてください!笑
a0258181_5183922.jpg

回数を重ねる事にだいぶ慣れてきましたが、それでも毎回、毎回、みなさんに楽しんで頂きたい一心で真剣勝負です。
それでもいつも小さな反省は付き物ですが、常に支えて下さっている方々に感謝の気持ちで一杯です。
次はいよいよ2週間後に'Artisan Course'も始まります。
新たな気持ちで挑みたいと思います。

ご参加頂いたみなさん、どうもありがとうございました。
[PR]
by willowandmeadow | 2013-06-17 06:27 | Workshop
<< Flower Workshop... Sweet peas and ... >>



季節のお花の記録
by willowandmeadow
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31