カテゴリ:Flowers( 26 )
Magnolia and Prunus.
a0258181_4282065.jpg

ある春の日。
青空の下、八重咲きのマグノリアの花が満開でとっても綺麗でした。
マグノリアは日本ではモクレンといいます。
アレンジでもよく蕾の枝を大胆に生けたり、春先にはとても重宝されています。
a0258181_433177.jpg

イギリスの桜も今が満開でもう葉桜になりつつある木も見かけます。
こちらでよく日本よりもずいぶん早い時期に咲いている桜のような花は実はアーモンドの花だったりするのですよ。
Prunus(サクラ属)には日本で良く見られる桜に加え、梅、アーモンド、あんずなども含まれるそうです。
こちらではお花見の文化はありませんが、桜が散ってしまう前に是非堪能したいものです。
うちの庭のチェリーの木も蕾がたくさん出来ていましたが、残念ながら桜のような華やかさに少々劣る容姿なので、御花見には適していません。
[PR]
by willowandmeadow | 2012-04-02 05:21 | Flowers
折れた花と古い器。
a0258181_153612.jpg

コッツウォルズのホリデーで立ち寄った、古道具やさんで目に留まった錆びた器。
他人からみればガラクタ同然のものですが、私には既にお花を生ける事が頭に浮かんでいました。
主役を引き立てる器はちょっと地味な方が、花には似合います。
中は相当錆び付いていたので、お水はちょうど中にうまい具合に収まったプリンの容器を使用。
その為にわざわざプリンを一つ食べたりというのは言い訳でしょうか、、、。笑
レッスンで使う花で折れてブーケにできないものを手のひらサイズのブーケにしてみました。
前のレッスンでオアシスに挿していたなんとか生きていた花や葉っぱも加えて。
[PR]
by willowandmeadow | 2012-03-06 01:16 | Flowers
Daffodils season.
a0258181_19191989.jpg

この時期によくスーパーなどでも束で安く出回っている、ラッパスイセン。
実は個人的には黄色のお花は得意ではないのだけど、冬から春に移行するこの時期には元気になっていいなあと買ってみました。
なるほど、お花の効果って凄いですね。
見る度に、ふわっと香りがする度に、気分が良いです。
買った時はすごく固い蕾でしたが、なんと3日後には満開に!
暖かかったせいもありますが、思ったより早くてビックリ。
a0258181_19194262.jpg

この間のレッスンのアレンジではオアシスでは長く生きられない花材も数点あったので、
前もって生徒さんには花の入れ替えをオススメしていました。
黄色いスイセンとの相性もなかなか良くて、また違った表情が楽しめています。

今日よりちょっと田舎へホリデーに出かけて来ます。
メール、ブログチェックが若干遅れ気味になる場合がございます。
[PR]
by willowandmeadow | 2012-02-27 19:36 | Flowers
Lily of the valley
a0258181_3282630.jpg

週末来ていた義母に頂いたLily of the vally(スズラン)がバスルームの窓辺に仲間入りしました。
丁度、花の終わったシクラメンの後釜を探していたのでグッドタイミングでした。
植え替えずにそのまま鉢に入れたので、フィンランドモスを敷いてみました。
ちょっとした工夫で植物は見違えるような姿になります。
a0258181_3294678.jpg

隣のマネーツリーとの相性もまずますです。
[PR]
by willowandmeadow | 2012-02-13 04:18 | Flowers
Old tulips.
a0258181_6123213.jpg

急に思い立って立ち上げたフラワーレッスンもお陰様で満席になりました。
始める前はうちはロンドン郊外で遠いし、1人2人でも来て頂けたらという気持ちでしたが、、、、。^^;
来週はいよいよ初めてのレッスンの日ですが、気になるのが雪の行方。
どうか、これ以上積もらないで、、、日曜日には解けて、、、、祈るばかりです。
当日来られる方はどうか、足元お気をつけてお越し下さい。

この前のチューリップですが、10日経った姿がまたなんとも味があります。
花は適度に水を替え、茎を再びカットし、枯れてしまったものを取り除いたりと手をかけてやると案外長持ちするものです。
ブーケも最後には短く、スリムダウンしてダイニングテーブルやトイレに飾ったり、形を変えていきました。
また、チューリップはぐんぐん伸び、他の花と高さで差が出るので一日置きに束ね直すと良いです。
かえって良い練習にもなりますね。
a0258181_6125020.jpg

11日目には最後の役目を終えました。
フローリストではちょっとでも古くなった花はどんどん捨てるので、(でないと、どんどん溜まって行く為)チューリップをここまで保ったことが実はなかったのでした。
[PR]
by willowandmeadow | 2012-02-05 06:42 | Flowers
Tulip Bouquet:
a0258181_1595545.jpg

まだ季節は冬ですが、お花の世界には春が訪れています。
暗く憂鬱なイギリスの冬、気分だけでも晴れやかになれます。
春といえば、球根類。フォリッジ(グリーン)を使わずにタイトに仕上げました。

a0258181_204595.jpg

Flower materials:
*チューリップ(ダブル)
*ラナンキュラス
*クレマティス

簡単に見えるブーケですが、実は結構コツのいる難しいブーケです。
チューリップはすごく繊細で折れ易いのでブーケにする時はかなり慎重に扱います。
まず、綺麗に茎がスパイラルになっていないと、大量の花を束ねる時に折れる原因になります。
綺麗なドームを作るには完成したシェープを常に想像しながら配置していき、視覚では判断できない場合には鏡に写してみてバランスをみます。

a0258181_211173.jpg

一緒に余ったお花を使ってミニブーケも作ってみました。
[PR]
by willowandmeadow | 2012-01-24 02:41 | Flowers



季節のお花の記録
by willowandmeadow
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30