<   2012年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧
Flower Lesson 5 : 12-13.03.2012
a0258181_6484680.jpg

今回は5度目のレッスンでした。
一つのデザインで数回のレッスンでしたので、より豊富な花材を使い、とても面白い感じになりました。
a0258181_6495238.jpg

色合いはすべてアンティークっぽい同系色でしたが、テキスチャーで変化を出しました。
a0258181_705669.jpg

ずっとアレンジの中に使いたかった多肉植物。
今回念願叶いました。
a0258181_71527.jpg

置く場所によってラウンドに作ったり、フロントに作ったり、みなさんには自由にアレンジしていただきました。
どの角度から見ても素敵に見えるように、注意深く花を生けていきます。
a0258181_723236.jpg


a0258181_73798.jpg

a0258181_741974.jpg

生徒さん作品1:
ラウンドにコンパクトに生けられたパターン。
ドーム形がとてもきれいに仕上がりました。
a0258181_751382.jpg

生徒さん作品2:
フロントに生けられたパターン。
高さと幅で空気感を出し、自由に動きのある素敵な仕上がりになりました。
a0258181_764730.jpg

ラウンドに低めのドームに作った場合。
どの角度からもメインの花や素材が見えるように配置。
a0258181_761322.jpg

フロントに生けた場合。
ボリューム感たっぷりです。

Materials:

Rose Amnesia
Rose Spray Splash Sensation    
Carnation Red-Green Edge 
Lisianthus    
Succulent Echeveria 
Pink Pepper Berry 
Dry Lotus Pod  
Eucalyptus Populus 
Eucalyptus Cinerea 
Galax
[PR]
by willowandmeadow | 2012-03-14 07:33 | Workshop
Flower Lesson 4, 10.03.12
a0258181_224273.jpg

今回、4度目のレッスンでした。
春のような陽気で、思わずコートを羽織っていたのを止めたくらいの素晴らしい天候でした。
テーマはアンティークカラーということで、ずっと使いたかったくすんだローズとダークなバーガンディーを合わせて、ちょっと大人色のアレンジになりました。
a0258181_22432838.jpg

やさしい色の大振りの立派なライラックを発見したので、思わず購入。
水揚げもしっかりされている質の良いもので、いつもの顔なじみのマーケットのおじさんも一押しでした。
a0258181_2244821.jpg

参加者の中にはリピートで今回が2度目のブーケの方や、以前生け花を経験されている方などもおられました。
デコボコのアイビーを配置していくのが難しそうでしたが、みなさん上手に仕上げてくださいました。
a0258181_22482119.jpg

2時間みっちりと集中してお花に向き合うことで、普段の忙しい日常を忘れられるとみなさん話されていて、あっと言う間の穏やかな土曜の午後となりました。
a0258181_22444819.jpg

今回、よりナチュラルになるようにラッピングも変えてみました。

a0258181_22453130.jpg

早速、グラスの花瓶に生けてみました。
今回が出産前の最後のブーケレッスンでしたが、改めてやる度に私自身もいろいろ見直す事ができ、とても勉強になりました。
a0258181_345259.jpg


Materials:

Rose Amnesia  
Rose Blue Curiosa
Anemone Burgundy
Lilac
Salal
Ivy Berry
[PR]
by willowandmeadow | 2012-03-11 23:29 | Workshop
Flower Lesson 3, 05.03.2012
a0258181_8212222.jpg

今回が3度目のフラワーレッスンでした。
白とグリーンを基調とした、とてもシンプルなブーケだったので、花と花の間に入るグリーンは若干少なめにして、コンパクトに仕上げていきました。
仕上げにアイビーを足して、ナチュラルな雰囲気に。
このままサテンのリボンを施せば、ウェディングのブーケにもなりそうな、そんな清楚なデザインでした。
a0258181_1203815.jpg

まずは、基本のお花のコンディショニングから。
今回はそんなに葉っぱを取り除く作業が多くなかったのですが、枝分かれしたグリーンをどこで切っていいのかに多少苦戦されていました。
あと、ドームに仕上げていくのに、初めはきれいに頭を揃えていたはずが、ブーケが出来上がるにつれズレが生じていったりというのもちょっと難しいようでしたが、最後にはみなさん素敵に仕上げていただきました。
a0258181_1211195.jpg

最後の仕上げのラッピングもみなさん上手にできました。
レッスンではラッピングもお花を引き立てるのに非常に大切な行程です。
ラッピング一つで花の印象もずいぶんと違い、また、使うティッシュペーパーの色合い、ヒモ、リボンなどの素材、質感一つでセンスの違いが現れます。
a0258181_824856.jpg

早速、器に生けてみました。
器も花の丈に合ったものを使ったり、花のボリュームに対して大き過ぎても小さ過ぎてもバランスが悪くなります。
お花を買って飾る時には是非、器選びも重要視してみましょう。
そう考えていると私自身ももっといろんな大きさや質感の違う器を手に入れたいなあと思えてきました。
a0258181_1225824.jpg

Materials:

Rose Avaranche
Rose Green Tea
White Ranunculus
Viburnam Opulus (Guelder Rose)
Salal
Ivy
[PR]
by willowandmeadow | 2012-03-06 02:06 | Workshop
折れた花と古い器。
a0258181_153612.jpg

コッツウォルズのホリデーで立ち寄った、古道具やさんで目に留まった錆びた器。
他人からみればガラクタ同然のものですが、私には既にお花を生ける事が頭に浮かんでいました。
主役を引き立てる器はちょっと地味な方が、花には似合います。
中は相当錆び付いていたので、お水はちょうど中にうまい具合に収まったプリンの容器を使用。
その為にわざわざプリンを一つ食べたりというのは言い訳でしょうか、、、。笑
レッスンで使う花で折れてブーケにできないものを手のひらサイズのブーケにしてみました。
前のレッスンでオアシスに挿していたなんとか生きていた花や葉っぱも加えて。
[PR]
by willowandmeadow | 2012-03-06 01:16 | Flowers



季節のお花の記録
by willowandmeadow
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31