<   2013年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧
Flower Workshop+おやつの時間 : May/June
a0258181_92197.jpg

by Willow and Meadow
a0258181_1341040.jpg

by Mappet
写真のアレンジはイメージです。
こんにちは。
5月と6月の日程のお知らせです。いつものようにWillow and Meadowによるお花のWorkshop+Mappetさんによるおやつの時間になります。よろしくお願いいたします。
ガーデンでは様々な花が咲き乱れ、またチェルシーフラワーショーも近く、インスピレーションも湧きやすい季節になって参ります。
今回からテーマをちょっと掘り下げて、新たな試みでデザインしていきたいと思います。
初夏のさわかやなアレンジをお楽しみください。
おやつの時間では毎回違った数種類の季節のお菓子を美味しいお茶と供にご用意しています。

May
5月10日(金) 11:00~15:30

* Basket Arrangement Workshop
(バスケットを使ったアレンジ。バスケットはこちらでご用意させていただきます。)
テーマ:Inspiration of Liberty Print
Liberty Printを広げたようなMeadow(草原)で花摘みに出かけた気分で。
Wildで鮮やかなタッチを表現していきます。

定員:名 ありがとうございます。満席になりました。
キャンセル待ち希望の方はメールにてお知らせください。

June
6月14日(金) 11:00~15:30

* Bouquet of Peonies  シャクヤクのブーケ(ラッピング付き。)
テーマ: ”Art Nouveau” - Alphonse Mucha*(アルフォンス ミュシャ)やWilliam Morris*(ウィリアム モリス)の世界
旬のシャクヤク(Peony Sarah Bernhardt*)を贅沢に使った、品のあるブーケです。
植物の持つ曲線美を追求していきましょう。
*アルフォンス ミュシャ
* ウィリアム モリス
* サラ ベルナール

定員:8名 ありがとうございます。満席になりました。
キャンセル待ち希望の方はメールにてお知らせください。

開催場所: New Malden (メールにて住所の詳細をお送りします。)

お願い:
*お子様の同伴は申し訳ございませんが、お断りさせて頂いております。

*学校のお迎え等の都合でお帰りが早くなる場合はお知らせください。 
お茶の時間にお出しするお菓子はお持ち帰り用に準備させていただくこともできます。(持ち運びできるものに限定。)
お花のworkshopはだいたい2時間〜2時間半くらいになります。

参加ご希望の方は

*フルネーム(英語表記を含む)
*メールアドレス
*電話番号
*希望日程 (MayもしくはJuneとご記入ください。)


を記入の上、willowandmappet☆hotmail.co.jp(☆を@に換えて)まで、お知らせください。

尚、個人の自宅での開催の為、定員に限りがございます。
定員を超える場合は先着順とさせて頂きます事、ご了承くださいませ。
人気のある月は早めに定員に達することがございます。満席後、キャンセル待ち希望の方はお知らせください。
なお、今後の告知の際にメーリングリスト希望の方はメールでお知らせください。


その他、ご質問のある方は、willowandmappet☆hotmail.co.jp(☆を@に換えて)まで、お知らせください。
折り返し、返答させて頂きます。
(こちらのメールアドレスはイベント専用です。)
*参加希望の段階では予約の確定とはなりませんのでご注意ください。
[PR]
by willowandmeadow | 2013-03-17 09:22 | Workshop
Flower Workshop+おやつの時間 : March
a0258181_2483884.jpg

今年からまたmappetさんと再開した3月のworkshopも無事に終えることができました。
a0258181_2492712.jpg

今回はブーケ。
花材は春に出回るものを中心に集めてみました。
珍しいものも手に入ってとても満足でした。
workshopではなるべく季節感のあるものを心がけて使っています。
a0258181_371177.jpg

好きな人も多いクリスマスローズ。
お庭では比較的に長く咲いているお花ですが、切り花としてはとてもデリケートでいつも慎重に水揚げします。
あまりどこでも売っているお花ではないので、実は扱うのが初めての方がほとんどだったと思うのですが、ちょっとしたコツを伝授させていただきました。
a0258181_251021.jpg

いつもならみなさんが作業されている間に写真を撮ったりするのですが、今回は指導にも熱が入り?笑 ぜんぜん写真を撮っていませんでした。
で、気がついたら既にラッピングの時間でした。汗
a0258181_2513636.jpg

こうしてみなさんにきれいに仕上げてもらうと、私もとても嬉しいです。
テクニックを習得してもらうのは当たり前なんですが、日常をちょっと忘れてお花に集中してもらい、心もリラックスして癒されてもらうことが目的ですので、ビシバシっという感じではないので、初めての方でもぜんぜん大丈夫ですよ。^^;
と、いいながらも、すぐ口癖で「あえていうなら、ここは、、、、」とお直しもする私です。笑
a0258181_2524567.jpg

みんな大集合!
a0258181_2593956.jpg

workshopの後はお待ちかねのお茶の時間。
毎回、mappetさんのお菓子を楽しみにしているのですが、今回もいろいろとご用意していただきました。
お茶を飲みながらみなさん楽しそうにお話されていました。
私たちも途中からご一緒させていただきましたが、時間を忘れてついつい話に夢中になっていました。
a0258181_38842.jpg

帰宅後は早速器に生けてみました。
基本はナチュラルですので、私の好きなvintageな雰囲気にも大丈夫でした。
器をモダンにすると、また違った雰囲気が楽しめそうで、いろんな住宅事情に対応できそうですね。
ご参加頂きましたみなさま、楽しい時間をどうもありがとうございました。
[PR]
by willowandmeadow | 2013-03-17 03:09 | Workshop
Viola odorata.
a0258181_2234853.jpg

春はすぐそこなのに、また冬に逆戻りのイギリスになってしまいました。
ヨーロッパ各地では雪まで積もっていたそうですね。
さて、気分だけでもと思い、先日、ブログのバナーを替えてみました。
a0258181_2241929.jpg

ホームセンターではViolaがたくさん出回っていて手軽に植える事ができますが、English Violetが前から欲しいと思っていてやっと入手しました。
調べていたら、なんと義理両親の住む村の近くにvioletのエキスパートナーサリーがありました。
本当はNativeのsweet violetのものが欲しかったのですが、メールでやり取りして、ほぼそれと同じという品種をいただくことになりました。
今年は冬の寒さの影響でvioletの育ちがとても悪かったそうです。
あと、一言でViola odorataといっても本当に種類が多く、色、花びら、葉の形、大きさ、も全然違い、思わず全部欲しくなりました。笑
でも無理なので、何種類かに厳選しました。
義母に確認の為に電話してここの事を聞いてみたら、「そうよ〜、有名よ。」と。
早く教えて欲しかった。笑
a0258181_2245423.jpg

Viola Odorataはedible flowers(食べられるお花)なのでお菓子の上などに乗せたり、また花びらも食べられます。(農薬も心配なので、一応ナーサリーで確認済み。)
花びらも早速食べてみましたが、ほんのりとvioletの香りがして美味しかったです。
先日ParisでViolet Teaも買ってきたので、もっと咲いたらお茶に浮かべたりして楽しみたいと思います。
実は、3年ほど前に結婚式を挙げた時に、wedding favorにvioletのスイーツを知り合い経由でわざわざバルセロナから取り寄せてテーブルに用意しました。本当は自分のブーケもvioletにしたかったのですが、季節的に遅くて入手が無理だったので違う花になりました。
と、私にはいろいろこの花に対する特別な思いがあります。
[PR]
by willowandmeadow | 2013-03-14 22:39 | Flowers



季節のお花の記録
by willowandmeadow
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31