<   2013年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧
Sweet peas.
a0258181_6325064.jpg

最近、うちの庭に咲くスイートピー達にすっかり癒されています。
ある日、気温上昇と共にどんどん咲いたので咲いているだけカット。
スイートピーは花の後、すぐに種となる豆が出来るので、なるべく初めの方は残さずカットしていくほうが、栄養が行き届き、花がまた次に咲き易いのです。
そして、摘み取る時の香り、なんとも言えないです。
a0258181_633191.jpg

他のお花と合わせて、小さなposyを作ってみました。
最後は種を取っておいて、また来年も育てたいと思います。
workshopがまだ当分ないので、次のデザインを練りながらゆっくりしています♪
[PR]
by willowandmeadow | 2013-07-25 06:43 | Flowers
Flower Workshop+おやつの時間 : July
a0258181_951923.jpg

先日無事に7月のworkshopも終わりました。
今回はジベルニーにあるモネのガーデンがテーマでしたが、まだ行った事のない憧れのガーデンを想像しながらデザインしてみました。(実際行かれた事がある方はぜんぜんイメージが違うと突っ込まないでくださいね。笑)
a0258181_944218.jpg

今回は3つの構成で、みなさんには各自の器をご用意いただきました。
高さや大きさが違うだけで、またぜんぜん雰囲気が違いましたよ。
a0258181_955188.jpg

私は質感を大切に花選びをしているので、こういうものが手に入るとわくわくします。
しかも季節限定なので見つけたら使う!と決めてます。
a0258181_963339.jpg

デモの後、早速取りかかっていただきました。
a0258181_19252561.jpg

今回は一つ一つの作業はそれほど難しくなかったのですが、個人の感覚でバランスを取るというセンスを要するものだったので、みなさん真剣でした。
a0258181_1922173.jpg

こういう物は一つ一つのブーケの出来よりは全体のバランスになるので、始める前から計画的に束ねていきます。
a0258181_19264742.jpg

みなさん思ったよりも難しかったようですが、素敵に出来上がりました。
ナチュラル感というものは実は結構上手く計算しないと自然には出来上がらないのですが、
ナチュラルだからと雑に作業すると小さなところで絶対にボロが見えてきます。
その加減が難しいですよね。
しかもこういうデザインはかっちりと作っても堅苦しいし、折角面白い素材のものも生きてきません。
a0258181_19271772.jpg

今回も夏らしく仕上がって、とても満足でした!
a0258181_19274040.jpg

さて、作業の後はMappetさんのおやつの時間!
今回もバランス良く沢山ご用意いただきました。
毎回数を重ねるごとに段取り良く準備が進んで、今回はみなさんがお庭をご覧になっている間に完璧!

a0258181_1928516.jpg

こちらのテーブルもちょっと雰囲気が違って、いつも膨大な食器のコレクションの中から毎回違ったコーディネートを見せてもらうのを楽しみにしています。
バタバタとしていて、デザートの写真を取り忘れていましたが、そちらもいつもながら美しく、そして凄く美味しかったのですよ〜。
a0258181_1926769.jpg

この暑さの中で涼しげなアレンジを見るととっても癒されますね。
さて、次は5週間ほど空いて8月に開催予定です。
それまで、ありがたい事にお天気の良い(笑)夏のイギリスをたっぷり楽しみたいと思います。

参加いただいたみなさま、どうもありがとうございました。
[PR]
by willowandmeadow | 2013-07-14 09:08 | Workshop
Flower Workshop+おやつの時間 : 'Artisan' June
a0258181_5575172.jpg

初めての試みの土曜日のworkshop、Artisanコースも無事に終わりました。
お花がメインになるのでいつもに増しての気合いで仕入れへ。
仕入れでは運良く思い通りの花材が待っていてくれて、目移りしながらもテーマに合う物を選びました。
a0258181_5582810.jpg

もうすぐシーズンも終わりのピオニー。
素敵な色に出会いました。
a0258181_65079.jpg

今回はマルク シャガールの描いたような花束というテーマだったので、特に色合いを絵画的で面白いものにしたくて、ずっとどうしようかと悩んでいました。
長く花をやっていると作品のデザインに癖というものが出て来るんです。
なので、自分らしさを崩さずしてそれをどうやってワンパターン化しないかという課題を常日頃頭の隅に置いています。
テーマを設ける事は自分にとっても非常に効果的に働いているということを確信しています。
a0258181_559386.jpg

片手で持つのもやっとという大きなブーケの挑戦。
これは普段息子を抱っこしたり、長年のフローリストワークで鍛えた筋肉の持ち主の私のはずですが、体力の消耗を感じました。(笑)
こんなのを5つも6つも毎日毎日作っていた以前の自分はいやはや若かったということですね。^^;
みなさんのヘルプやなんやかんやをしていたら、気がついたらぜんぜん写真を撮っていませんでした。
なので完成写真のみ。
それにしても、ほぼ全員の方がこのようなサイズのブーケを体験されるのが初めてだったにもかかわらず、ちゃんと形にして頂いた事!
これは驚きを通り越し、感動でした。
サイズが大きくなればなるほど、本当に難しいのです。
見習いのフローリストでも初めは作れない子が実は多いんですよ。
なのでそれを作り上げる事が出来たみなさんは是非自信を持って頂きたいと思います。笑
みなさん、やり遂げた後はハツラツとした笑顔でした。
a0258181_621890.jpg

さて、大仕事の後はお茶を飲んで一休みです。
今回もMappetさんのお庭から綺麗なバラを拝借。
よりどりみどりでいつもどれを使おうか迷ってしまいます。^^;
贅沢な悩みですよね。笑
a0258181_63188.jpg

おやつは冷たいものを用意して頂きました.
ちょうど気候も蒸し暑く、しかも体力使って火照った体にはぴったりでした。
イチゴがとっても甘くて美味しかったです。
a0258181_633296.jpg

実は参加者の中に当日お誕生日の方がいらしたので、特別にバースデークッキーが!
このサプライズにとても喜んで下さいました。
お誕生日おめでとうございます!
a0258181_64189.jpg

ブーケの時はよく器のセレクトのアドバイスをさせて頂くのですが、うちにはそのような大きなブーケに合うような器が充実していませんでした。汗
どうしようと思っていると、普段は電飾を入れている以前自分の結婚式で使ったUrn型のグラスの存在に気がつきました。
とはいえ、実状は息子の魔の手もあり、(笑)大きなブーケを飾るところがない狭い我が家。
今はダイニングテーブルの隅に置いていますが、後日分けてアレンジし直して飾ろうと思っています。

参加頂いたみなさま、どうもありがとうございました。
[PR]
by willowandmeadow | 2013-07-01 06:58 | Workshop



季節のお花の記録
by willowandmeadow
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
Event
Workshop
Flowers
Introduction
未分類
以前の記事
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 05月
2014年 04月
more...
フォロー中のブログ
イギリスからヒトリゴト
お問い合わせ
willowandmeadow☆hotmail
.com

(☆を@に換えて)
検索
その他のジャンル
最新の記事
Muguet/Lily of..
at 2015-05-10 01:40
Spring Bouquet:
at 2015-04-10 07:20
This is Design..
at 2015-02-26 18:06
Private worksh..
at 2015-02-07 07:36
Happy New Year..
at 2015-01-11 09:43
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧