Private workshop : December
a0258181_9134046.jpg

更新が遅れております。すみません。
皆様は素敵なクリスマスをお迎えになられましたか?

先日、2014年最後のworkshopをさせていただきました。
ちょうどクリスマス前だったので、テーブル用としても飾っていただけるリースの制作でした。
その後ドライになるように、慎重に素材選びもしました。
沢山の花材を使って、質感豊かに表現し、ぎっしり贅沢に素材も詰まっています。
小さな実ものを数種類、グリーンもテキスチャーをそれぞれ変えています。
a0258181_9141724.jpg

宿り木と一緒に飾って、さらにクリスマス感がアップです。
参加者の方、どうもありがとうございました。
[PR]
# by willowandmeadow | 2014-12-31 09:12 | Workshop
Private Workshop : November 'still life'
a0258181_2304422.jpg

先日行かせて頂いた、Private Workshopより。
テーマを 'still life' と定めて、生活の中にとけ込むアレンジに挑戦してみました。
みなさんにお気に入りや普段お家にある器を数種類ご用意頂きました。
大きなブーケやアレンジを仕上げるテクニックとはまた違った、足し引きのいるアレンジ。
a0258181_2342619.jpg

一緒にpropを置いてみたりとアイデア次第でアレンジにより一層深みが出ます。
a0258181_234537.jpg

小さな小さなアレンジも素敵な脇役。
a0258181_2352661.jpg

忘れていたお家に眠っている器など是非活用してみましょう!
[PR]
# by willowandmeadow | 2014-11-28 02:46 | Workshop
Private Workshop : November ’Autumn wreath'
a0258181_26321.jpg

先日、日本から帰国後に久しぶりのworkshopをさせて頂きました。
要望のあった秋らしいリース。
茜色の夕暮れをイメージして。
a0258181_26247.jpg

色が点と点で交わうように、絵画を描くように色を足して行く作業。
みなさん、素敵に仕上げてくださいました。

最近、メールで色々とworkshopについてお問い合わせいただいております。
どうもありがとうございます。
現在、都合により限られた日数のみお受けしておりまして、みなさまのご希望に添えない事も多いかと思います。
本当にすみません。
ただいまグループによる出張のみというスタンスを取らせて頂いています。
また、個人的にworkshopを開催できる折にはこちらにてご連絡させていただきます。
どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
# by willowandmeadow | 2014-11-12 02:18 | Workshop
Private Workshop : August
a0258181_3185979.jpg

8月の終わりにさせて頂いたPrivate Workshopです。
リクエストによりリース型のアレンジになりました。
イギリスはすっかり秋の空気が流れておりますが、このリースを制作した8月後半ももう既に秋でありました。
a0258181_3193070.jpg

8月後半はフローリストも夏期休業を取るところも多いので、マーケットはあまり期待していなかったのですが、そんな中でもなかなか良い素材を手に入れる事ができたのではと思います。
参加されたみなさんもそれぞれ手応えのある出来になったみたいで、制作後は満足された様子でした。
冬に向かって行くのは少々寂しいですが、新たな季節の訪れにはわくわくします。
[PR]
# by willowandmeadow | 2014-09-12 03:26 | Workshop
Private Workshop : June, July
a0258181_331996.jpg

みなさま、ご無沙汰しておりました。
ごめんなさい!
気がついたら、ブログの更新がぜんぜんできていない状態でした。
細々とではありますが、Private Workshop、させていただいています。

さてこちらは、初夏のアレンジ。
季節最後の芍薬を使いました。
a0258181_334420.jpg

こちらのアレンジはこの夏、念願だったフランス、ノルマンディー地方にあるジヴェルニー村、そう、画家クロード・モネのガーデンを訪れた後に恐縮なんですが、いろいろ感じた事をデザインに取り入れさせていただきました。
a0258181_384343.jpg

花々が咲き乱れるとはまさにこういう事をいうのだなという程、それはそれは美しい庭園でした。
a0258181_310355.jpg

この庭のように洗練され、自由であり、独創的なデザインを目指したいものです。
もっと敏感に妥協なく突き詰めていきたいですし、その為にも美しいものは常に見ていたいと心から感じています。
[PR]
# by willowandmeadow | 2014-08-11 21:16 | Workshop



季節のお花の記録
by willowandmeadow
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31