Hellebore Bouquet:
a0258181_1814350.jpg

冬場からこの時期にかけてよくお庭などで見かけるのが、Hellebore、別名クリスマスローズです。
そこまで強いお花ではないので、正直花持ちはよくないのですが、可憐に控えめに咲く姿が本当に綺麗で、私は積極的に使う大好きな花です。
いろいろな色と種類がありますが、マーケットで珍しく八重咲き品種のがありました。
普通の物よりだいたい倍は値段がつくので見つけたとしてもなかなか使えないのですが、今回、ラッキーな事に一束だけ残っていて、顔なじみのお兄さんが最後のだからとちょっと負けてくれました。笑

今年、我が家のクリスマスローズの一番大きな株の花が全く咲かなかったのですが、なぜでしょう。
種で増えた苗が大きくなったものを別のところに植えていたものは初めて花が咲いていました。
大株の方は秋くらいに雑草抜きをしているついでに大きいなと思ってちょっと葉っぱを切り取ったのですが、まさかそれが原因なんでは、、、と思って仕方ありません。
ビバーナムも去年、剪定に失敗して一つも花が咲きませんでした。
剪定すればなんでも良い訳ではなく、タイミングなんですよね。
ということで、庭は失敗続きです。
今年もう少しクリスマスローズも増やしたかったのですが、引っ越しの事も考慮して、今年は庭の物は極力最小限にしていきたいと思っています。
見ると買ってしまうので、見にも行きません。笑
[PR]
# by willowandmeadow | 2014-03-13 18:30 | Flowers
Private Workshop on 7th March:
a0258181_0505613.jpg

先日、privateでお受けしていたworkshopを無事に終えました。
今回は7名様のグループ。
お子さんもおられる忙しい主婦の方が中心だったので、生活にすんなりと取り入れやすいアレンジを提案させて頂きました。
私も好きなトリオのアレンジ。
a0258181_0511884.jpg

絶対入れたいなあと思っていたお花、ミモザ。
実は黄色を自分のworkshopで使うのはかなり稀なんですが、なかなか好みな感じに仕上がりほっとしました。
色というのはティントの違いをはじめ、合わせ方、配色バランスで改めて生きて来るもの。
好きな色、嫌いな色、そう簡単に仕分けしてはいけないのです。
今年の3月8日はInternational Woman's Dayでヨーロッパ各地では男性が女性に花を送る日。
その前日でしたので、キーフラワーのミモザ。
マーケットではざぞ大売り出しでもしているのだろうと思って行ってみると、ぜんぜん見当たらず、ちょっと探しました。笑
もう売れてしまったのか、、、と思った矢先、思った感じのがなんとか見つかりました。
春のお花は香りの強いものも多いので、束ねながら春を感じ癒されて頂けたのではないでしょうか。

この日、お世話になったTさんを初め、参加してくださった方、どうもありがとうございました。
[PR]
# by willowandmeadow | 2014-03-11 01:15 | Workshop
Early 2014.
a0258181_4504291.jpg

みなさま、ご無沙汰しております。
年が明けてからご挨拶をと思っていたら、もう1月が終わろうとしています。汗
今年は年末の慌ただしさと比べ、ゆっくりとしたスタートでした。
そろそろ花を触りたい気持ちになったので、今年初めてのアレンジを作ってみました。
お裾分けに先日お邪魔した友人へもプレゼント。
特に暗くて、じめじめしている気候の時には花を生けるべきなんだと実感しました。
久々にマーケットへ行ってみたら、お花の世界はすっかり春。
球根系のものを中心に色とりどり花や緑が目に飛び込んできて、すっかり心が和みました。

さて、お知らせですが、以前workshopの時に使用していたメールアドレスが以下に変更しました。

willowandmeadow☆hotmail.com(☆を@に換えて。)

お問い合わせの際はこちらへお願いいたします。

早速、以前workshopへ来て頂いていた方よりプライベートworkshopのお問い合わせも頂き、本当に有り難い限りです。
細々とですが、続けていく事を目標に今年もより多くの方とお花に触れ合えるのを楽しみにしています。
今年もどうぞよろしくお願いいたします!
[PR]
# by willowandmeadow | 2014-01-25 05:20 | Flowers
Flower Workshop+おやつの時間 : December
a0258181_7424437.jpg

先日無事にずっとMappetさんと二人三脚でやって来たworkshopはついに最終日を終えました。
初めに、彼女のセンスはブログを観られている方には一目瞭然だと思いますが、親しくなるに連れて、やはりただ者ではないなあと驚く事ばかり。(良い意味で。笑)
彼女の人をもてなす心、ディテールの細やかさ、見えない努力からは多くの事を学び、またおおざっぱな自分は反省させられる事ばかりでした。
他の事はおまかせして、花の方に集中させてもらえたからこそ、素晴らしいworkshopを開催する事ができました。
ここにて、たくさんの感謝の気持ちを送らせて頂きたいと思います!
本当にどうもありがとうございました。
a0258181_627555.jpg

と、普段は褒め合うような仲ではないので、(笑)会ってもしんみりとした話はあまりせず、うだうだとおもしろ可笑しく世間話をしているのですが、最後の日もいつも通りでした。
今回は器を使ったアレンジで、クリスマスも近いことですし、季節感をちょっと意識してみました。
トラディッショナルに赤を基調としましたが、そこに私の好きな質感や色味を加えてみました。
美術館等で観た絵画や旅先の風景、昔の良き時代のもの、自然の姿、古今のいろいろな作品、、、すべての美しいものからインスピレーションを得て、それがベースとなり、直感でその時の気分でデザインされていきます。
その過程こそが一番大事な部分だと思っています。
まさに自分がフローリスト勤務時代に出来なかった事が今叶えられていると実感する事が多いのです。
大げさですが、そういうフィロソフィーをみなさんと共有して、また共感してworkshopに足を運んで頂ける事はとても励みになり嬉しいことです。
これからもなるべく、万人受けは特に考えず、(笑)常に実験的な事をしていきたい。
模索は続きます。。。
a0258181_6281915.jpg

さて、話はそれましたが、冬場から春にかけて使いたい枝もの。
曲線を表すのにかなり重宝しました。
a0258181_6291832.jpg

今回用意した花材達。
なじみのものから、珍しいものまで。
a0258181_6311499.jpg

到着された方へMappetさんが用意してくれた、グリューワインやホットアップルジュースと供にシュトーレンやフルーツケーキ。
実は私は今までドライフルーツを使った焼き菓子が苦手だったのですが、彼女の作ったものは今まで自分が嫌いだと思っていたものとは全然別物でした。
あと、waitroseのヘストンのシュトーレン、高いからと買うの止めたのは私です。爆
旦那とMappetさんのシュトーレンに慣れてしまったから、他のはぜんぜん大した事ないと思ってしまって、これはこの先困った事だねえ、、、と話していたほど。笑

a0258181_710928.jpg

みなさんお腹も満たされたということで、デモを始めて、その後すぐに取りかかっていただきました。
今回は前回のリースに比べれば、労力でいうとぜんぜんだったので、私はかなり余裕がありました。
(が、なぜかworkshopの様子の写真がぜんぜんなかった。笑)
a0258181_6324872.jpg

みなさんの作品が勢揃い。
同じ花材を使っていても、ぜんぜん違って面白かったです。
置く場所を考えながら、また花をどう見せたいのか、ちょっと頭を使いますが、計画的に進めて行くと案外上手くいきます。
こじんまりとまとめる方、大きくワイルドに作る方、性格が花に現れるものです。
ちなみに私は後者です。笑
a0258181_6321776.jpg

こちらの作品はテーブル用にラウンドに作ってくれたもの。
高さ、バランスも絶妙で非常に上手くまとまっていました。
彼女は何度もworkshopに通ってくれる度に、みるみるうちに腕をあげていく様を見ていて驚きの連続でした!
a0258181_7372711.jpg

お茶の時間の準備は今回キッチンでいろいろ忙しかったMappetさん。
カトラリーの置き方を間違えて後でMappetさんに直してもらったりと、お恥ずかしい事にテーブルマナーに無知な私が担当したので、もしかしたら何か変だと気がつかれた方もいたかも知れません。
それはすべて私の仕業ですので、、、。笑
a0258181_737538.jpg

クリスマス用に特別用意したキャンドルもリースの時から大活躍。
雰囲気作りにはキャンドルが一番ですね。
いつもは卓上に花を用意しますが、シンプルに柊の葉っぱと余ったクラブアップル。
a0258181_7381511.jpg

このフォレノワールがまたとても美味しかったのですよ〜。
甘いものをたくさん食べられない自分には少し大きいピースかなあと思ったけど、そんな心配はよそにぺろっと食べてしまいました。
a0258181_6265890.jpg

最後に相応しい、とても素敵な幕引きでした。(私はこれからも細々と続けますが。。。笑)
二人とも「もう、クリスマスはいいよね。。。」と燃え尽きた感じで、当日はお互い適当に過ごす事にしました。笑
次の日にお互いの家族で忘年会+打ち上げをしましたが、みんな本当にお疲れさまでした。
それぞれ犠牲になった家族達、(笑)本当にどうもありがとう。
お休みの日、快く家を開放してくれたMappet家のみなさんには感謝一杯です。
息子がまだ乳飲み子だった頃から始めたworkshop、初めはよく分からなかったのでだましだましに出かけていましたが、その後気がつかれるようになって夜泣きしたり、またworkshopの度にわざわざ選んだように病気になって、朝3時半起きの前夜にほとんど寝ずに看病したり、大変な事もありましたが、今ではもう分かっているようで「バ〜イ!」と電話先で言われる始末。苦笑
成長したもんですね。
旦那はベビーシッターという役割が待っていましたが、意外に楽しんでいたように思います。
また、私がいつもお土産に持ち帰るMappetさんのお菓子を私の帰り以上に楽しみにしていたのも事実です。笑
a0258181_9194395.jpg

持ち帰った予備の花たち。
クリスマスカラーのアマリリスが綺麗に咲きました。

これからの予定ですが、ひとまず冬場はお休みさせていただいて、春から環境が整うまで期間限定でプライベートworkshopのみをさせて頂くことになりそうです。
また、新しいメールアドレスなど改めてこちらのブログにて動向はお知らせさせて頂く予定です。
どうぞよろしくお願いいたします。

今までworkshopへお越しいただいたすべてのみなさま、本当にどうもありがとうございました!
[PR]
# by willowandmeadow | 2013-12-16 06:53 | Workshop
Flower Workshop+おやつの時間 : Wreath Making
a0258181_3411021.jpg

先日のwreath workshopも無事に終了しました。
初めて2日間続けてさせて頂きましたが、さすがにすべて終わった後はぐったりでしたが、参加したみなさんに喜んで頂けたようでとても安心しました。
a0258181_3475013.jpg

仕入れの朝は4時に家を出て、どんな素材が待っているのかワクワクしながら車を走らせました。
マーケットに到着して、前回の仕入れ時とはぜんぜん違い、すっかりクリスマスの雰囲気が感じられました。
クリスマスツリーにネットをかける業者の人、(Christmas Nightmare:ツリーを運搬中にリフトが故障して立ち往生しているトレーダーのおじさん。笑)
枝もの、実ものやブルーパインなどのクリスマス用の材料が充実。
四季の違いを感じられるのは良いものですね。
さて、Mappetさん宅に到着して、準備作業をしていると休憩にとコーヒーと最近凝っているという天然酵母のお菓子が出てきました!
嬉しいサプライズです。
a0258181_3481542.jpg

あらかじめ、デモの材料をカットしておいたのですが、合わせて置いてみたらなんとなく出来上がり想像図が見えてきました。
a0258181_3483839.jpg

そんな事をしているとクグロフも焼き上がり、とても綺麗だったので思わず写真を撮ってしまいました。
お味見をさせていただきましたが、こちらもとっても美味しかったです。
写真に写っている白いベリーの植物は、Mistletoe(宿り木)でマーケットにたくさんお目見えしていました。
見事な大きなものもあって、とても素敵でした。
お茶の時間にテーブルに施そうと思って購入しました。

a0258181_349151.jpg

みなさんが作業に取りかかり始めたら、みるみるうちにテーブルの上は美しいカーペットへと変身しました。
初めはちょっと難しいようでしたが、すぐにコツをつかんでみなさん黙々と作業されていました。
a0258181_3492717.jpg

ちょっと難易度(というか疲労度。笑)の高いリースでしたが、みなさんが型にしてくれているのを見て本当に安心しました。
デモでも若干時間を要するほどのデザインだったので少し心配していたのですが、私が思ったよりみなさん本当に飲み込みが早い!
a0258181_3495169.jpg

どの作品もそうですが、同じ材料を使っても一人一人の出来上がりはぜんぜん違うのが面白いですね。
出来上がりの時間にはもうすっかり辺りは真っ暗に。
本当に日が短くなりました。
a0258181_3501482.jpg

お茶の時間も押してしまいましたが、急いでセッティング。
クリスマス用に特別テーブルにキャンドルを用意しましたが、雰囲気が出て良かったです。
Mappet家にはすでにクリスマスツリーやクリスマスの飾りが満載で、クリスマスのworkshopの場所としてはこれ以上ないくらいでした!
a0258181_350595.jpg

生徒さん作品の一部。 >Mappetさん。笑
他の方のリースの写真もお見せしたいくらいだったのですが、すっかり暗くなっていたり、お茶の準備にバタバタで出来ませんでした。
みなさんのリースにそれぞれが持参したリボンを施してみると、また違った表情が生まれました。
a0258181_02975.jpg

こちらは1週間経過したものですが、いい感じにドライになってきています。
a0258181_351236.jpg

左は1日目、右は2日目、真ん中は3日目(自宅にて)を作りましたが、全部違う型ですよね。笑
このうちの2つは義理家族や友人へとお嫁に行きました。

ご参加いただいたみなさん、どうもありがとうございました。
[PR]
# by willowandmeadow | 2013-12-07 04:11 | Workshop



季節のお花の記録
by willowandmeadow
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
Event
Workshop
Flowers
Introduction
未分類
以前の記事
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 05月
2014年 04月
more...
フォロー中のブログ
イギリスからヒトリゴト
お問い合わせ
willowandmeadow☆hotmail
.com

(☆を@に換えて)
検索
その他のジャンル
最新の記事
Muguet/Lily of..
at 2015-05-10 01:40
Spring Bouquet:
at 2015-04-10 07:20
This is Design..
at 2015-02-26 18:06
Private worksh..
at 2015-02-07 07:36
Happy New Year..
at 2015-01-11 09:43
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧